訪問:1697人(5,503PV)
今月:73人(190PV)
前月:93人(282PV)
from 2016
2017年9月
         
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
休み 営業 半日
AM
PM
今日 今日
休み
不明
イベント


珈琲へのこだわり

ABOUT OUR COFFEE



直火釜焙煎方式


珈琲豆の焙煎方式には、他にも熱風式などの簡単で大量に焙煎出来る方法もありますが、
私どもMr.Englishでは、直火釜式にこだわり、焙煎を行っています。

珈琲豆は生豆の状態ではあの独特の風味や香りは持っておりません。
それを引き出すのが焙煎であり、その中で最もその風味や香りを引き出せる方法が、
直火釜方式だと言われています。

肉で例えるなら網焼式。

こう表現すればその風味の違いはご想像していただけるかと存じますが、
美味しい肉を焼くのと同様、美味しい珈琲豆を焙煎するのには
長年に渡る知識と経験が必要になります。

当店の焙煎士トーマスは、本場米国にて、15才の時アルバイトでカフェ業に携わって以来、
生豆の選別・焙煎から抽出器具のセールスに至るまで20年以上の経験を持ち、
そのこだわりの集大成として、日本にて1995年、"Mr.English"ブランドでの
オリジナル珈琲豆の焙煎・販売を開始いたしました。

全国各地の珈琲専門店や珈琲通のファンの方々に支えられ、
これからも美味しい珈琲の焙煎に全力を尽くして参ります。
この自慢の珈琲を、ぜひご賞味下さい。

焙煎の行程


ここでは、当社における焙煎の行程を簡単にご紹介いたします。

(1)最高級の生豆を使用しています。欠点豆を取除き、計量します。今回はブラジルを使用。


(2)生豆をホッパーに投入し、ドラム温度が180度程度に上がるまで待ちます。


(3)規定温度に達した所で生豆をホッパーからドラムへ移し、いよいよ焙煎の開始です。


(4)豆の種類に合わせた温度設定で焙煎します。途中何度か豆の煎り具合を確認します。


(5)焙煎が終了すると取出し口を開き、撹拌機へ豆を放出します。     


(6)撹拌機で豆を撹拌しながら、冷却します。周りが香ばしい香りに包まれます。


(7)撹拌中に、慎重に欠点豆を抽出します。この地味な作業が味の決め手とも言えます。


(8)出来上がり。色・艶・香りとも満点です。エアバルブ付のアルミ製パッケージが美味しさを保ちます。


3件 1ページ