訪問:237人(753PV)
今月:17人(33PV)
前月:15人(74PV)
from 2016
2017年7月
           
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
         
休み 営業 半日
AM
PM
今日 今日
休み
不明
イベント


イノベーションマネージメント研究センター


ワーク・ライフ・バランスの充実が叫ばれて久しい。クラウドコンピューティング等、先端的情報技術の普及が進めば、特にソフトウエア開発をはじめとする多様な業務に関して、ワークスタイルが大きく変化する可能性がある。一方、岐阜県東濃地区は、豊かな里山の景観が広がり、将来リニア新幹線の停車駅が設置された際、情報サービス産業分野をはじめとした分野に対する、優れた遠隔地オフィスを提供できる可能性がある。
そこで、2030年ごろの職・住環境に関する技術未来予測調査を実施し、特に里山を利用した分散型オフィスのモデルを描きたい。手法としては、筆者が文部科学省科学技術政策研究所において開発した「複数手法統合型予測調査法」を適用させる。地域のニーズ調査、業界のニーズ調査、技術動向調査の上に、地元行政、地元産業界有識者、法政大学研究者等によるワークショップの開催を通じて行う。

筆者が文部科学省科学技術政策研究所において開発した「複数手法統合型予測調査法」を適用させて、リニア新幹線開通後、2030年ごろ,情報技術とそれを活用した遠隔地オフィス、遠隔教育等の未来予測調査を実施する。予測調査は、ネットによるデルファイ法アンケート調査および有識者によるシンポジウムの開催を通じて行う。これらの予測結果のイラスト等による広報活動を行い、市民の参加を促し「未来を創る」ことに参加する若者のネットワークを形成する。

1件 1ページ