訪問:7114人(161,544PV)
今月:213人(704PV)
前月:508人(3,348PV)
from 2016
2017年7月
           
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
         
休み 営業 半日
AM
PM
今日 今日
休み
不明
イベント


ソリューション

かんばんソート


デュプロ販売株式会社のバーコードソーティングマシンRS-10を使ったソーティングシステムを基本開発費50万円(税別)で開発します。その他、基幹システムとの連携等カスタマイズを行います。
<開発事例>
1)eかんばんを集荷場所別にソーティング。
2)eかんばん、チケットを読み取り枚数チェックを行うと共に、受入、納入日、オーダー別にソーティング。

デュプロのページ
http://www.duplo.ne.jp/products/products/062RS10/

【イントラネットホームページ】


<コンセプト>

社内情報共有のためには、社内情報を上手に整理するツールが必要です。

このイントラネットホームページは社内情報共有の新しい形です。

部署別サイト、プロジェクト別サイト、品質情報サイトや技術情報サイト等さまざまなサイトを無限に立ち上げることができます。

例えば、各部署が「自部署のホームページを立ち上げる!」という目標に対して、

「自部署ならではの情報をどのように整理して発信すればいいのか?」そういう情報整理の発想が生まれます。

また、「自部署の役割を再認識し他部署にどのようにサービスすれば良いのか?」そんな発想も生まれるかもしれません。

蓄積した情報は活用して初めて意味を成します。

グループウェアと違って、情報の整理・蓄積・活用に重点を置いたアプローチです。

サイトのコンテンツはポータルサイトからキーワード検索やカテゴリ検索によって検索することができます。

カテゴリは部署名であったり、プロジェクト、福利厚生等になるかもしれません。

カテゴリを上手に付けるのはシステム管理者(ライブラリアン)の仕事です。

カテゴリの作成は情報整理の第一歩です。


<特徴>

コンテンツの登録・更新はブログのように手軽に行うことができます。また、現場で撮影した写真をすぐにアップすることも簡単です。

サイトの表示はiPadやタブレット端末に最適化されているので、ワイファイ環境があれば、必要な場所で必要な時に共有情報を活用出来ます。

今ご覧になっているこのサイトも同じシステムで稼働しています。
ポータルは私どもが運用する「おいでんサイト」です。
http://takaminecloud.mizunoinfo.com/4DCGI/MIC1/
※2012/4/1グランドオープンに向けて会員様募集中です。

サンプルとして「おいでんサイト」=ポータル、をご覧ください。
加入して頂いているサイト様が部署別サイトやプロジェクト別サイトに相当します。

もうひとつ!
サイト利用者のための「マニュアルサイト」もご覧ください。


<小さく始めて大きく育てる!>

特別にサーバー環境を用意しなくても、パソコン1台から始められます。
例えば既存のパソコンでこのシステムを稼働させて、タブレットやスマートフォンで情報共有という方法もあります。
サイト数やコンテンツの量、ユーザー数の増大に合わせてサーバー環境に移行するのもスムーズです。

<ライセンス料>

ユーザー数無制限、サイト数無制限
スタンダード版  :¥200,000-
エンタープライズ版:¥450,000-
年間保守料(2年目以降):¥10,000-(バージョンアップ、バグフィクス等)

<動作環境>

Windows:XP,Vista,7
Windows Server:2003SP2,R2,2008SP2,R2
MacOSX:10.6,10,7
MacOSXServer:10.6,10.7
※エンタープライズ版は8GB以上のメモリを推奨します。

【Web型:生産管理システム】


クラウド型の生産管理システム
すべての機能をWebブラウザから利用出来ます。

特に部品表機能は部品構成をビジュアルに表現し部品の一元管理に活躍します。

機能一覧
1)部品表(マスター管理)
2)受注・出荷管理
3)発注・受入管理
4)生産計画・所要量計画
5)生産指示・実績管理
6)在庫管理
7)売掛・請求管理
8)買掛管理

「小さく始めて大きく育てる」

システム化のスタート地点を選択することが出来ます。
 1)クラウドサービスを利用する。
 2)デスクトップのパソコンで始める。
 3)サーバーを導入する。
最初からシステム導入に対し大きなリスクを負うことはありません。
小さく始めて必要な時にシステム規模を拡大出来ます。

【DOCODEMO4D】


あなたの4Dシステムに「DOCODEMO4D」コンポーネントを組込めば、すぐにWebクライアントからのデータ活用が可能になります。

iPadで4Dのデータを見たい!
せっかくデータがあるのだから、もっと簡単に見たり取出したりしたい!
「DOCODEMO4D」が解決します!

※DOCODEMO4DにはHTML5に対応したブラウザをお使いください。

4Dv11からユーザーモードは無くなった?ユーザーモードみたいに使うのも一つの使い道?
Webシステムの照会系をDOCODEMO4Dで、開発費をぐっと抑えられます。

一覧画面の例 こちらは「4Dなんでも会議室」のデータを「DOCODEMO4D」で見たところです。


詳細画面の例


【DOCODEMOGraph】


4DのSVGコンポーネントでグラフを作成します。

使い方は簡単!グラフにするデータファイルとSVGファイルのパスを渡すだけ。
グラフの種類は「折れ線、棒、積上棒グラフ」の3種類(今後増えるかも?)。
無料でお使いください。(ソースプログラムは有料)
※SVGコンポーネントがインストールされた環境でお使いください。
DOCODEMO4Dでグラフ表示するための部品として開発しました。
入力データ(タブ区切テキスト:UTF-8)のレイアウトはサンプルデータを参照ください。
★ 出力サンプル ★(SVGの表示できるブラウザで見てね!GoogleChromeとSafariで確認)




【MICExifViewer】


デジカメ写真のメタデータ(TIFF,EXIF,GPS)を閲覧できます。

見たいEXIF項目を選択して一覧表示できます。
GPS情報を元に撮影場所を地図上に表示します。
一括更新も可能!
※Mac & Win対応!
スクリーンショット&操作概要
<MetaDataList:メイン画面 一覧で選択した写真の拡大表示及びメタデータの一覧>
1)左上の「Select」ボタンで画像ファイルの入っているフォルダを選択して一覧表示します。
2)中断するときは「Stop」ボタンをクリックしてください。


<Map:GPS情報による地図表示>
1)一覧上で選択(クリック)した画像にGPS情報が有ると地図上に撮影場所がポイントされます。
*GoogleMap使用。


<Edit:一括編集項目の選択とデータ入力>
1)左のリストから編集したい項目を選択(Addボタンまたはダブルクリック)して、右のリストで
  データ入力(「Input」ボタンまたはダブルクリック)します。
2)「Edit&Copy」ボタンをクリックして出力先のフォルダを選択すると編集された画像ファイルが
  コピーされます。
3)「Clear&Copy」ボタンをクリックして出力先のフォルダを選択すると消去された画像ファイルが
  コピーされます。
4)Copyを中断するときは「Stop」ボタンをクリックしてください。
5)項目を削除するときは選択して「Delete」ボタンをクリックします。


<Setting:一覧表示項目の設定>
1)左のリストから表示したい項目を選択(Addボタンまたはダブルクリック)します。
2)項目を削除するときは選択して「Delete」ボタンをクリックします。


★★★ 特徴 ★★★

1)MacとWinどちらにも対応。

2)一覧形式で表示できるので比較するときらくちんです。

3)一覧に表示したい項目を設定できます。

4)一括で各項目を編集出来ます。(編集&コピー)

5)一括で各項目を消去できます。(消去&コピー:項目によって消去出来ない物もあります。)

6件 1ページ